蜂窩織炎 症状 原因 対処法 治療法

蜂窩織炎の症状、原因と対処法、治療法

スポンサーリンク

【蜂窩織炎とは】
蜂窩織炎という疾患があります。
この病気は細菌性の皮膚の疾患のことを言います。
蜂窩織炎は、皮膚深部から皮下脂肪の部分にかけて細菌が感染した状態を指します。
蜂窩織炎の主な原因は、擦り傷、無視さされなどの傷、水虫、湿疹、アトピーなどによって皮膚のバリア機能が破られるためです。
蜂窩織炎の原因菌は、溶連金、黄色ブドウ球菌と呼ばれるものが一般的です。
基本は治療をすれば良いのですが、症状によっては病院でしばらく過ごす可能性もあります。
それでは、蜂窩織炎の原因がどのようなもので、入院の可能性や保険適応はどうなるのかなどについて紹介します。

 

 

【症状について】
蜂窩織炎は、細菌が増殖することで起こる疾患です。
ですから、蜂窩織炎を原因とした症状の治療法のためには細菌の増殖を抑えなくてはなりません。
ちなみに、どの細菌が悪さをしているのかによって蜂窩織炎を原因としたの症状の治療法に使われる薬は異なります。
皮膚の状態が思わしくない、熱が出ているなどという蜂窩織炎を原因としたの症状が出るのですが、細菌感染の程度によって蜂窩織炎を原因とした症状の治療法、行われる検査も異なります。
蜂窩織炎を原因とした症状は腫れ、痛み、発熱、寒気、だるさなどがあります。
皮膚が赤く腫れて、触ると痛みを伴います。
その他、戦慄や関節痛などの症状が出ることもあります。
症状が更に悪化すると敗血症をはじめとした合併症を起こす場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

【治療について】
蜂窩織炎を原因とした症状の治療法には抗生物質が主に使われます。
ペニシリン系の抗生物質が有効な場合もありますし、それ以外には通常の抗生物質が効かない場合もあるのです。
蜂窩織炎は、細菌が身体に入り込んでいる状態ですから、熱もあれば痛みが続くことがあるのは当然です。
蜂窩織炎を原因とした症状の治療法には、医師が見た目から検査を行うわけですが、別の病気にかかっている可能性もありますから、疑わしい場合はきちんと診察を受けることをお勧めしたいです。
間接や筋肉に痛みが続くようであれば、別の病気であることも考えられます。

 

蜂窩織炎を原因とした症状の治療法には、最初の段階ではペニシリン系、セフェム系の抗生物質を使って治療を行うわけですが、数日経過を見て効果がなければ検査結果に基づいて使う薬を変更することになります。

 

 

【蜂窩織炎の入院の可能性】
蜂窩織炎を原因とした症状の治療法は、原則飲み薬で対応できます。
ただ、蜂窩織炎になると、血液中から細菌が入って敗血症になってしまう可能性、あるいは壊死性筋膜炎と呼ばれる病気になる可能性があります。
蜂窩織炎を原因とした症状の治療法で熱が高い場合には入院して抗生物質の点滴を行うなどすると良いのです。
心配であれば、早期に入院を決めてしまっても良いくらいです。

 

蜂窩織炎を原因とした症状の対処法として、入院治療は発熱がある場合や進行が早い場合にはお勧めされます。
蜂窩織炎を原因とした症状の対処法として、入院日数に関してですが、一般的な治療期間が5日から14日程度です。
入院日数はこれよりも短くなるでしょう。
治療終了のタイミングは、治療を開始してから回復する速度や患者さんの免疫力などを踏まえて決められるのです。
入院日数が短くなるのは、症状が改善して経口薬での治療が出来るようになれば退院可能となるからです。
ちなみに、自分の意思で治療完了とするのではなくて、蜂窩織炎を原因とした症状の対処法として、医師の指示にはきちんとしたがって最後まで薬を飲むようにしましょう。

 

 

 

 

【早い治療が必要】
蜂窩織炎を原因とした症状によって引き起こされる敗血症というのは、細菌やウイルスが血液中に入って全身を回り、臓器不全などを起こす疾患です。
敗血症というのは、体内に細菌が侵入したことに対する防衛反応が起こすものです。
もしも敗血症が重症化した場合には、3人に1人は死に至るといわれており、死亡率が高い病気です。
だからこそ、蜂窩織炎を原因とした症状の対処法として、早い治療が必要になるのです。
蜂窩織炎を原因とした症状の対処法として、敗血症だけでなく、他の病気へのリスクがあることも忘れないようにしましょう。

 

 

蜂窩織炎を原因とした症状の対処法として、症状が出ているかもしれないと思ったら、敗血症までいかないようにするためにも、即座に病院に行くようにしましょう。
蜂窩織炎を原因とした症状の対処法として、それだけでも被害の拡大を防ぐことが出来ますし、敗血症を含めた他の病気だったとしても即座に対応が出来ます。
症状を見逃さないようにしたいものです。

スポンサーリンク