蜂窩織炎 治療 軟膏

蜂窩織炎の治療と軟膏

スポンサーリンク

蜂窩織炎と呼ばれる病気があります。
これは、皮下組織の細菌感染症のことです。
このとき、治療はどこでするのかとなるとどこになるのでしょう。
蜂窩織炎には治療法はあるのでしょうか。
軟膏を使ったりするのでしょうか。
どうしたら良いのかなどについて紹介します。

 

 

【蜂窩織炎はどこで診察を受けるか】
は蜂窩織炎は、どこで診察を受けるのが適しているのかを考えたとき、いくつかのケースが考えられます。
まず高い熱が症状として出ている場合には、内科、あるいは小児科での診断を受けることになるのですが、蜂窩織炎は比較的どこでも見かけるものですから、一般外科や整形外科などでも受診をけられます。

 

 

【皮膚の関して受診した場合】
皮膚科では、内科的な治療が行われるわけですが、外部、特に皮膚の腫れなどが起こった場合には皮膚科に行くのが良いとされています。
軟膏を使う前に病院という感じです。
蜂窩織炎を治療するには最適とされており、それに似た病気を見つけるのにもぴったりとされているのです。
開業医、もしくは病院の皮膚科に行くのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【蜂窩織炎にはどのような治療があるのか】
この病気は、細菌が増殖したことによって起こるものです。
ですから、細菌の増殖を抑えることが大事になります。
蜂窩織炎を引き起こすのは、黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌などがありますが、小児の場合はインフルエンザ菌や肺炎球菌なども原因として考えられるのです。

 

これによって、選ばれるものが変わってくるわけです。
症状から軟膏を使いたいという人もいるでしょう。
軟膏にステロイドが入っているならば硬貨があるかもしれませんが、やはり軟膏ではなくて病院で診てもらうのが良いでしょう。

 

 

【何が用いられるのか】
皮膚の疾患だから軟膏を使うのかと言ったら、そうではなくて、抗生物質を使うのが一般的です。
蜂窩織炎の治療には、ペニシリン系、またはセフェム系の抗生物質が用いられます。
細菌の特徴である細胞壁を壊して死滅させてくれる作用があるのです。
軽症の場合は飲みながらの通院となり、重症になった場合は抗生物質の点滴をしながら治療となります。

 

肌の調子が悪いなと思ったとき、軟膏を使おうという人もいると思います。
ですが、そうする前にこの病気を疑って病院にいくのも良いかもしれません。
症状が悪くなってしまうと後から大変な思いをしなければならなくなりますから気をつけましょう。

スポンサーリンク