蜂窩織炎 症状 足のむくみ

蜂窩織炎の症状と足のむくみ

スポンサーリンク

蜂窩織炎と言われる病気があります。
この病気は、細菌に感染したことが原因で起こるものです。
安全に実際にどのような病気なのかについてみていきましょう。

 

 

【蜂窩織炎とは】
蜂窩織炎とは、細菌が原因となって身体の一部分に症状が出るものです。
痛みや赤み、腫れなどが出るものなのです。
細菌を殺す必要があるということで、一般的には抗生物質を投与されることによって治療が行われるものです。
ちなみに、細胞間質を溶かしながら、細胞自体を壊死させるという特徴を持っているため、早めに治療する必要があります。

 

 

【蜂窩織炎の症状について】
足がまず腫れてきます。
幹部が赤く固くなります。
それから、腫れている部分は熱を持ち、痛みも伴います。
発熱や関節痛、悪寒などが出る場合もあるのですが、発熱の症状は比較的ゆっくり出るものです。
しばらくすると膿が出ることもあります。
そこから皮膚が破れて膿が流れて来て潰瘍になることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【かかりやすい人】
蜂窩織炎になりやすい人というのがいます。
全体的にいえることは、抵抗力が落ちている人です。
症状も出やすいです。
細菌が原因なわけですから、抵抗力が弱い人は必然的に感染しやすいということになるわけです。
また足のむくみがあるような人もそれに該当します。

 

足のむくみというのは、水分がたまっている場所です。
細菌の入り口になりやすいのは足のむくみがあるところ、リンパ浮腫の水分がたまっている箇所が該当します。
足のむくみがあるような場合以外には、皮膚を不潔にしているなどが感染しやすいといわれています。

 

足のむくみが起こる人というのはそれなりにいると思いますから、普段から症状には意識はしておきたいところです。
足のむくみはきちんとチェックしておきましょう。
また、蜂窩織炎を避けるために日ごろから足指でも清潔にすることは心がけるようにしておきたいものです。

 

蜂窩織炎は決して油断を許さないところがあります。
ちょっとした症状でも放置しておくことは危険ですから、きちんと治療をすることが大事です。
足のむくみにも気をつけたいですし、症状から可能性があると思ったら、とにかく病院に行って治療を受けることをお勧めします。

スポンサーリンク