蜂窩織炎 症状 膝

蜂窩織炎は膝より下の症状が多い

スポンサーリンク

蜂窩織炎という感染症の一種があります。
この病気は毛穴や傷口から細菌が入り込むことによって皮膚の深部が化膿してしまうと言う病気です。
人に移ることはないのですが、水虫の傷から細菌が入り込む可能性があるために注意は必要なものです。

 

 

【蜂窩織炎とは】
蜂窩織炎は、皮膚の深部から皮下脂肪組織にかけて炎症を起こすという化膿性の感染症のことを言います。
傷口から細菌が入り込むわけですが、それが皮膚の深いところに広がって、コラーゲンなどを壊しつつ、最終的に細胞自体を壊死させるというものです。
症状の9割は膝から下に出ると言われています。
ただ、膝から上が安全というわけではないことを覚えておきたいです。

 

 

【治癒することはとても大事】
膝下に違和感があると思っても、そのまま蜂窩織炎を放置しているのは危ないです。
傷口から細菌が入り込んだ場合、細胞壊死が広がってしまい、壊死性筋膜炎、菌血症を引き起こす可能性が出てきます。

 

スポンサーリンク

 

【症状について】
膝より下に出来る蜂窩織炎ですが、これは症状としては腫れる、熱が出る、痛みが出るといったものがあります。
風邪にも似た症状が出ることもあります。
38度を超える熱が出る可能性すらあるのです。
もっともこれは症状としてはかなり進んでしまっているものです。
このような症状が出る前に、きちんと処置をすることが大事なのです。

 

 

【治療について】
蜂窩織炎の症状が出たら、膝でもどこでもまずは病院に行きます。
症状にあわせて病院では抗生物質での治療が行われることもありますし、場合によってはそのまま数日間入院して抗生物質で治療できるようになるところまで持っていくこともあります。

 

蜂窩織炎は、きちんと治療をすれば治るものです。
放置をしておくと危ないことになるという話です。
膝下に症状が出ることが多いわけですから、普段からそのあたりを見ておくと良いでしょう。
診察は膝などを見ることによる医師の判断によるものですから、少しでも良い病院、医師を見つけることも大事となります。

スポンサーリンク