蜂窩織炎 症状 手

蜂窩織炎の症状は手にも出る

スポンサーリンク

蜂窩織炎は、足などにその症状が現れるという感染症の一種です。
細菌が傷口から体内に入り込み、そこからいろんな症状が出てくるものなのです。
では、この蜂窩織炎についてもう少し詳しく知っていきましょう。

 

 

【蜂窩織炎とはどんなものか】
では、蜂窩織炎について知りましょう。
この疾患は、黄色ブドウ球菌をはじめとした細菌が傷口や毛穴などを通じて体内に入り込むものです。
たとえば、手の傷から細菌が入り込んだ場合でも起こります。
ただし、手から入ったといって手に病状が出るわけではなくて、病状の9割は膝下に出るといわれているのです。

 

 

【膝下以外の場合】
膝下以外には、手に症状が出ることもあります。
9割以外の部分がそれにあたるのです。
ちなみに、手に出来た場合にはひょう疽と呼ばれるものとなります。
表皮に感染した場合には、伝染性膿痂疹と呼ばれるものとなります。
それぞれ呼び名は異なりますが、どれも蜂窩織炎で症状も同じようなものだと思って構いません。

 

スポンサーリンク

 

【症状について】
実のところ、皮膚炎のようなものなのですが、甘く見ては駄目です。
38度以上の高熱が出る可能性があります。
痛みや腫れも出る可能性が高い病気です。

 

更にはいきなり重症化して入院しなければならないことだってあるのです。
風邪のような症状が出ることもありますが、危ないなと思ったらではなく、病状が手や足などに出ているかもしれないと思ったタイミングで病院にいきましょう。

 

 

【治療の必要性】
蜂窩織炎は、治療が必ず必要となります。
手や足に出た症状を放置していると、皮膚の細胞が死んでしまいます。
神経が働かなくなって何も感じなくなります。
更に症状が進んだら、壊死性筋膜炎という病気になります。
死亡率はとても高いため気をつけないといけないわけです。

 

蜂窩織炎は、症状が出たら、手でも足でもどこでもすぐに病院で診てもらうことが大事です。
悪化しないように、しっかりと早めに治療しましょう。
治療がきちんと出来れば問題はありません。

スポンサーリンク