蜂窩織炎 症状 治療

蜂窩織炎の症状は早めに治療することが大事

スポンサーリンク

蜂窩織炎は、皮膚の深部で炎症が起こるという感染症です。
最初はちょっとした症状でも、それが徐々に大きくなって、広い範囲に赤みや腫れ、痛みなどが生じるものです。
熱も38度を超える高熱が出ることもあり、その名前がつけられているのです。
では、もう少し詳しく知っていきましょう。

 

 

【蜂窩織炎とは】
蜂窩織炎は、皮膚の下の部分で炎症が起こっている状態です。
症状としては皮膚の炎症があって、更にはいきなり足が太くなって、足が赤く腫れあがるといった症状が出てきます。
そして、風邪に似たような症状が見られるのです。
寒気による震え、身体のだるさや、頭痛に吐き気、間接の痛みといったものが表れます。

 

 

【身体のどこでも発症】
ちなみに、蜂窩織炎の症状は、身体のどの部分でも発症することで知られています。
実際にかかりやすいのは膝下だと言われています。
皮膚の感染症というのはたくさんの種類があって、その部位はどこに感染しているのかによって呼び名が変わってきます。
たとえば、蜂窩織炎の症状を放置しておくと、壊死性筋膜炎と呼ばれる病気になります。
これはとても危ない病気となります。

 

スポンサーリンク

 

【治療の重要性】
蜂窩織炎は、治療をすることが大事です。
どんな病気でもそうなのですが、特に治療の重要性は高いです。
前に少し触れたとおり、放置しておくと危ない病気になってしまいます。
壊死性筋膜炎と呼ばれる病気になった場合、致死率は驚きの30%にもなります。
つまり、3人に1人は死に至る可能性があるというわけです。

 

だからこそ、前段階できちんと治療を行う必要があるのです。
治療は抗生物質が基本路線で、重くなりそうであれば入院が考えられます。
もしも早く治療したいと思ったら、入院してしっかり治すことを考えましょう。

 

蜂窩織炎は、ちょっとした症状からスタートするものです。
気がついたら大事になることもあるのですが、治療さえきちんとしていれば問題はありません。
ですから、なるべく早く症状を見切って病院で診察を受けることを心がけましょう。

スポンサーリンク