蜂窩織炎 症状 かゆみ

蜂窩織炎の症状とかゆみについて

スポンサーリンク

蜂窩織炎は、実は緊急搬送される可能性が高い感染症とのことです。
その理由はいろいろとあるのですが、まずは蜂窩織炎の症状をしっかりと理解することからスタートしましょう。
どのような症状があるのでしょう。

 

 

【蜂窩織炎の症状について】
蜂窩織炎は、虫に刺されたのかなと思っていたら、急に足が太くなることがあります。
まるでその足は象の足になったかのような感覚に陥るとのことです。
感染した皮膚は熱を持ちますし、水疱が出来る場合もあります。

 

かゆみが出ることもあります。
そして、更なる症状として風邪にも似たような症状が出てくるのです。
寒気による震えもあります。
身体も当然だるくなりますし、頭痛や吐き気に加えて関節の痛みなども起こります。

 

 

【重篤になることも】
心拍数の上昇、低血圧や錯乱状態になる可能性もあります。
38度どころか40度にもなろうという熱で病院に搬送されるという例もあるくらいです。
だからこそ、皮膚病の中でもこの病気の病院への搬送確率は高いのです。
かゆみだけと思って安心していてはいけません。

 

スポンサーリンク

 

【蜂窩織炎は治療が重要】
蜂窩織炎は、治療をしっかりすることが大事です。
もしも治療をしないでいると、感染した皮膚の血管が詰まります。
そうなると皮膚の細胞が死滅して、かゆみどころではなくて、何も感じなくなります。
それから更に状態進むと、皮膚の下の筋膜にそって感染が進む、壊死性筋膜炎という病気になってしまいます。

 

ここまで症状が進んでしまうと、外科手術をしたとしても致死率は30%に至ってしまいます。
3人に1人は亡くなる可能性が出てしまうわけです。
ですから、かゆみを覚えるなどの症状が見えた場合には、すぐに対処しなければなりません。
一番良い方法は、かゆみを含めた症状を見て危ないと思ったら、すぐに治療にかかることです。

 

病院にいくとかゆみに対してもしかるべき治療を受けることが出来ますし、時期が早ければ大事には至りません。
ですが、蜂窩織炎は怖いものという認識を持っておくこと、かゆみを含めた症状を見たときにはきちんと対処してもらうことが大切です。

スポンサーリンク