蜂窩織炎 入院 保険適応

蜂窩織炎による入院と保険適応について

スポンサーリンク

蜂窩織炎という疾患があります。
この病気は細菌性の皮膚の疾患のことを言います。
基本は治療をすれば良いのですが、症状によっては病院でしばらく過ごす可能性もあります。
それでは、蜂窩織炎という病気がどのようなもので、入院の可能性や保険適応はどうなるのかなどについて紹介します。

 

 

【蜂窩織炎とはどのようなものか】
蜂窩織炎は、細菌が増殖することで起こる疾患です。
ですから、治療のためには細菌の増殖を抑えなくてはなりません。
ちなみに、どの細菌が悪さをしているのかによって治療に使われる薬は異なります。
皮膚の状態が思わしくない、熱が出ているなどという症状が出るのですが、細菌感染の程度によって行われる検査も異なります。

 

 

【治療について】
治療には抗生物質が主に使われます。
ペニシリン系の抗生物質が有効な場合もありますし、それ以外には通常の抗生物質が効かない場合もあるのです。
最初の段階ではペニシリン系、セフェム系の抗生物質を使って治療を行うわけですが、数日経過を見て効果がなければ検査結果に基づいて使う薬を変更することになります。

 

スポンサーリンク

 

【蜂窩織炎の入院の可能性】
蜂窩織炎になると、血液中から細菌が入って敗血症になってしまう可能性、あるいは壊死性筋膜炎と呼ばれる病気になでなる可能性があります。
熱が高い場合には入院して抗生物質の点滴を行うなどすると良いのです。
心配であれば、早期に入院を決めてしまっても良いくらいです。
入院していれば、病状が悪化しても即座に対応を受けられるでしょう。

 

 

【蜂窩織炎の保険適応】
保険適応に関してですが、もちろん可能です。
一般的な病気と同じように、保険適応は3割負担になります。
保険適応は入院の場合も治療を通院で受ける場合も同じです。
入院の方が金額は高いと思われても、結局保険適応の金額としては同じです。
治療をきちんと受けられるのは入院の方です。

 

蜂窩織炎は、実はとても危険な病気です。
そのものというよりも、他の病気に発展する可能性、実は違う病気かもしれない可能性があります。
ですから、保険対応などは気にせずに、とにかく入院して治してしまうことをお勧めしたいです。
実際は3割負担で済みますから保険適応のために加入はしておきたいものです。

スポンサーリンク