蜂窩織炎 治療 切開

蜂窩織炎の治療と切開との関係

スポンサーリンク

蜂窩織炎というのは、皮膚の感染症ということで知られています。
一般的に用いられる治療は抗生物質だということです。
もしも膿が身体に出来てしまった場合にはどうするの?いうところは気になる人もいると思います。
実際のところどうなのでしょうか。

 

 

【蜂窩織炎の症状】
蜂窩織炎の症状は、発熱や悪寒、熱間、疼痛などがあります。
重症化した場合には、血圧低下や激しい発熱、筋肉痛、関節痛などが起こるケースがあります。
放置しておくと、敗血症や壊死性筋肝炎を発症する可能性もあるのです。

 

 

【原因について】
蜂窩織炎は、皮膚に小さな傷、潰瘍などがあると発症しやすくなると言われています。
また、人や動物の噛み傷も蜂窩織炎の原因となる可能性があります。
また、免疫低下を起こしている場合にも感染率は高くなるため気をつけなければなりません。

スポンサーリンク

 

【蜂窩織炎の治療】
蜂窩織炎を治療するためには抗生物質の投与が行われます。
どの菌に感染しているのかによって利用する抗生物質は違ってきます。
治療による症状の改善が見られない場合は抗生物質を変える可能性があります。

 

ちなみに入院期間は7日から10日だと言われています。
膿がたまった場合、患部を切開しなければなりません。
切開するほど症状が進んでしまっているのは危険です。
出来れば、切開するような症状になる前に治療をしなければ成りません。

 

ですが、どうしても切開しかないというケースであれば、それを行うことになります。
切開は傷も残ってしまいますし、結局切開した傷からまた細菌が入るかもしれないというリスクも抱えてしまいます。
ですから、出来れば避けた方が良いのかも知れません。
そのときの状況に応じてというところでしょうか。

 

蜂窩織炎に治療は、まず診察を確実に受けて、怪しいようであればすぐに検査をしてもらっ切開も可能性に入れた治療をしましょう。
それだけでもかなり症状の進行を止めることが出来ますし、治療もスムーズに進みます。
ほんの少しでも蜂窩織炎に可能性を感じるならば、切開も視野に入れて治療は何よりも最優先で行いましょう。

スポンサーリンク