蜂窩織炎 症状 膿瘍

蜂窩織炎の症状と膿瘍

スポンサーリンク

蜂窩織炎という病気があります。
これは膿瘍ともいうもので、皮膚や皮下組織などに膿がたまって、そこに熱を持って痛みを伴うという感染症です。
蜂窩織炎は、筋肉内に進入するといったように、広がりやすく、正常な組織との境界線が分かりにくくなってしまうものです。

 

 

【蜂窩織炎とは】
蜂窩織炎は、皮膚の深部に発生する、細菌による炎症性の病気です。
ですから、他人に感染することはありません。
ですが、水虫の延長線で発生する可能性があるものですから、原因が水虫にあればそこから発展する可能性があるのです。

 

ちなみに、感染によって出来るものですから可能性は低いですが衛生面に対しては器を使うことが大事になります。
他人に伝染するようなことはありません。

 

 

【蜂窩織炎と合併症】
蜂窩織炎には、色んな合併症があります。
これは、症状が進行してしまったときに併発し、死に至るようなものもあります。
症状が重症化しないためにも、早めの治療が大事に成ってきます。
皮膚の膿瘍なんかも出来てしまいます。

 

膿瘍が出来たときには必ず注意したいですし、そもそも腫瘍が出来ないようにするために、早めの治療を心がけたいところです。
膿瘍以外には、敗血症や髄膜炎、リンパ節炎、頭蓋内続発症などが考えられます。
蜂窩織炎の症状が重くなることで併発しますから、十分に気をつけたいです。

 

スポンサーリンク

 

【再発の可能性】
蜂窩織炎は、完治しなければいくらでも発症します。
また、完治しても傷口から細菌が入り込むと簡単にまた再発します。
常に清潔な状態を保ちましょう。

 

 

【蜂窩織炎の症状】
症状についてですが、皮膚の赤みや腫れ、痛み、悪寒、浮腫などが部位症状として挙げられます。
また、発熱や悪寒、吐き気、疲労感、頭痛、嘔吐、低血圧、錯乱などといったものが全身症状として挙げられます。

 

この疾患は、症状として色んなものもありますし、合併症として皮膚の膿瘍をはじめとした色んなものがあります。
膿瘍などこれらを避けるためにも、日ごろから皮膚の状態には十分に気をつけて膿瘍は避けておきたいところです。

スポンサーリンク