蜂窩織炎 原因 糖尿病

蜂窩織炎の原因と糖尿病

スポンサーリンク

蜂窩織炎とは何かご存知ですか?蜂窩織炎とは、簡単に言うと皮膚の深部に炎症が出来る感染症のことです。
それでは、これは何が原因なのかということや糖尿病との関係があるのかなどについて紹介します。

 

 

【蜂窩織炎とは?】
蜂窩織炎は、傷口から細菌が入り込んで、皮下脂肪組織に至るところまで炎症を起こすという化膿性の細菌感染症です。
細胞の周りにある細胞間質を融解しつつ、細胞そのものを壊死させてきます。

 

ですから、重症化は避けることが大事です。
膝下に出来るのが9割で、それ以外は他の部位に出来てきます。
部位ごとに違った名称がつけられているのです。

 

 

【蜂窩織炎の原因】
主な原因は傷口から細菌が入り込むことです。
細菌自体がとても小さいものですから、どんなに小さな傷からも進入を許してしまうことがあります。
だからこそ、原因を作らないようにするためにも、怪我には気をつけたいところです。
怪我でなくとも身体が傷ついてしまうことで蜂窩織炎の原因になりますから十分に気をつけたいところです。
また、水虫が原因となるケースもありますから、その点にも十分に気をつけたいものです。

 

スポンサーリンク

 

【糖尿病との関係について】
蜂窩織炎は、身体の外から細菌が入ってくることが主な要員となりますが、糖尿病の人は感染しやすいといわれています。
それは、糖尿病が単純に糖分が外に出て行くだけではなくて、身体の免疫力が低下する疾患だからです。

 

糖尿病患者は、毛細血管も弱まっているため、蜂窩織炎の症状によって血流が低下してしまい、更にその部位が悪化する原因にもなるのです。
糖尿病の状態がコントロールしにくい方の場合は感染してしまうことが多いですし、一度発症すると急速に悪化する原因にもなるのです。
最悪のケースとして足の組織が死んでしまい、足を切断しなければならないくなることもあります。
糖尿病壊疽と呼ばれる病気になってしまいます。

 

この病気と糖尿病は意外なところでつながっています。
症状が大きくなる理由にもなりますから、糖尿病の人は蜂窩織炎には十分に気をつけて、日頃から清潔にしておくことを心がけたいものです。
それだけでも原因を減らすことが出来るはずです。

スポンサーリンク