蜂窩織炎 入院日数

蜂窩織炎の入院日数とは

スポンサーリンク

蜂窩織炎は、皮膚の感染症の一種です。
これは身近な病気だと言われており、40人から500人に一人はこれにかかります。
では、この蜂窩織炎とはどのような病気なのでしょうか。
仮に入院となった場合には、どのくらいの入院日数となるのでしょうか。

 

 

【蜂窩織炎とは】
蜂窩織炎は、皮膚深部から皮下脂肪の部分にかけて細菌が感染した状態を指します。
主な原因は、擦り傷、無視さされなどの傷、水虫、湿疹、アトピーなどによって皮膚のバリア機能が破られるためです。
原因菌は、溶連金、黄色ブドウ球菌と呼ばれるものが一般的です。

 

 

【症状について】
症状は腫れ、痛み、発熱、寒気、だるさなどがあります。
皮膚が赤く腫れて、触ると痛みを伴います。
その他、戦慄や関節痛などの症状が出ることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【検査と診断】
蜂窩織炎の検査と診断についてですが、採血やレントゲンなどを行います。
ただ、特別な検査はなくて、医師のスキルがとても重要になってきます。
ですから、出来る限り腕の良い医師がいる病院を選ぶことが大事です。
入院日数にこだわる人は特に、それだけでも入院日数を減らすことが出来ます。

 

 

【蜂窩織炎での入院】
蜂窩織炎は、原則飲み薬で対応できます。
ただ、入院治療は発熱がある場合や進行が早い場合にはお勧めされます。
入院日数に関してですが、一般的な治療期間が5日から14日程度です。
入院日数はこれよりも短くなるでしょう。

 

治療終了のタイミングは、治療を開始してから回復する速度や患者さんの免疫力などを踏まえて決められるのです。
入院日数が短くなるのは、症状が改善して経口薬での治療が出来るようになれば退院可能となるからです。
ちなみに、自分の意思で治療完了とするのではなくて、医師の指示にはきちんとしたがって最後まで薬を飲むようにしましょう。

 

蜂窩織炎は入院日数が長くなることもあります。
ですあKら、きちんと日ごろから皮膚を清潔に保つなどをしておきたいところです。
皮膚がきれいならば多少の細菌による攻撃もしっかりガードすることが出来るはずです。
意識しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク