蜂窩織炎 原因 肥満

蜂窩織炎の原因と肥満について

スポンサーリンク

蜂窩織炎という病気があります。
これは、シンプルにいうと感染症です。
皮膚の傷口などから細菌が進入して、皮膚の下の方で炎症を起こすというものです。
では、蜂窩織炎の原因はどこにあるのか、肥満との関係はどのようなものがあるのかなどについて紹介します。

 

 

【蜂窩織炎になる原因】
蜂窩織炎が起こる原因というのは、実にシンプルです。
それは、身体のどこかに傷があって、そこから細菌が入り込むというものです。
それによって体が反応して炎症が起こる、発熱が出るなどの原因になるのです。
小さな傷というのは、栄養分がたくさん染み出ているわけですから、細菌にとっては格好の餌場になるわけです。
それが原因で感染してしまうわけです。

 

細菌が皮下組織に進入する入り口が開いているというわけですから、蜂窩織炎の十分な原因になるのです。
ちなみに、黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌などが蜂窩織炎の原因になります。
小児であれば、インフルエンザ菌なども原因となりますから注意しておきたいところです。

 

スポンサーリンク

 

【肥満と何の関係があるのか】
実は肥満の人はこの病気になりやすいと言われています。
肥満の人と言ったら、成人病になりやすいリスクはあるとされていますが、蜂窩織炎も同じなのです。
というのも、肥満の人というのは感染症を起こしやすいリスクがあると言われているのです。

 

肥満もそうなのですが、全身性の疾患というのはどうしても蜂窩織炎にかかりやすくなります。
ですから、肥満の解消はとても良いことです。
肥満を解消させるだけでもかなり蜂窩織炎のリスクを下げることが出来るはずです。
まず肥満の人は体脂肪を落とすところからはじめてみると良いでしょう。
そのほかにも糖尿病などがあれば注意したいところです。

 

この病気になるのには、色んな要素があります。
それについてここで紹介しました。
対策的にはその原因そのものをなくすこと、そして清潔にすることがとても大事だということです。
しっかり気をつけたいところです。

スポンサーリンク