蜂窩織炎 症状 痛みが続く

蜂窩織炎の症状で痛みが続くというもの

スポンサーリンク

蜂窩織炎という病気があります。
この病気は放置しておくと時にまずいことになるものなのですが、どのような症状があるのでしょうか。
痛みが続くような場合はどうしたら良いのでしょうか。
そのあたりについて紹介していきます。

 

 

【蜂窩織炎の症状について】
蜂窩織炎は、細菌の感染症です。
幹部が赤くなり腫れてきます。
幹部が広がるスピードは個人差があれど、数日で幹部が大きく広がっているケースもあります。
仮に症状が片足全体に広がっているような状態であれば、まだ抗生物質での治療が可能な場合が多いです。

 

 

【症状が進むと】
蜂窩織炎の症状が進むと、腫れている部分に熱を感じるようになり、押さえると痛みが出てきます。
更に、皮下組織に膿がたまってきて、赤くなったところがやわらかくなります。
その頃には高熱が出てきます。
こうなると幹部の切開をして膿を出さなければなりません。
痛みが続くようであれば、すぐに病院に行くようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【治療について】
蜂窩織炎の治療は、抗生物質を用いられるのが一般的です。
症状によって何が使われるのかが異なります。
蜂窩織炎は、細菌が身体に入り込んでいる状態ですから、熱もあれば痛みが続くことがあるのは当然です。

 

医師が見た目から検査を行うわけですが、別の病気にかかっている可能性もありますから、疑わしい場合はきちんと診察を受けることをお勧めしたいです。
間接や筋肉に痛みが続くようであれば、別の病気であることも考えられます。

 

 

【入院について】
蜂窩織炎は、原則として入院の必要はないのですが、痛みが続くなど必要であれば入院を選んだ方が早く治りますし、何かあったときにすばやい対応を受けることが出来ますからお勧めです。

 

蜂窩織炎は、診断の基準も症状を見る医師次第です。
疑わしいと思ったらまずはとにかく病院に行きましょう。
それから、そこでの診断があいまいだと思ったら、更に痛みが続くようなら思い切って別の病院の診断も受けてみても良いでしょう。
痛みが続くなどの場合、自分の身を守るためには大事なことです。

スポンサーリンク