蜂窩織炎 足切断 原因

蜂窩織炎で足切断の原因

スポンサーリンク

蜂窩織炎と呼ばれている病気があります。
この病気になってしまうことにより、足切断をしなければならないかもしれない、というリスクがあります。
では、この足切断をしなければならない原因というのはどこにあるのでしょうか。

 

 

【蜂窩織炎とは】
蜂窩織炎は、細菌が原因となって起こる感染症です。
この病気になると、幹部が赤く腫れてくることはもちろんなのですが、熱を持つこともありますし、大きく膨れ上げることもあります。
細菌に感染すると、熱も出るというのは普通の症状ですし、これは蜂窩織炎を身体がどうにかして治そうとしている抵抗の証でもあるのです。

 

 

【どうやって治す?】
蜂窩織炎を治そうと思ったら、抗生物質の投与が有効です。
初期段階では特に有効な手段になりえますから、蜂窩織炎かもしれないと思ったら、まずは病院にいって診断を受けます。
そして、抗生物質の投与をしてもらうのです。

 

スポンサーリンク

 

【足切断になる可能性】
初期、最悪でも中期状態までは抗生物質が効果を見せてくれます。
ですが、それ以降になると足切断をしなければならないリスクが出てきます。
では足切断の原因は何かということですが、最大の原因は症状の悪化です。
初期段階で治療をしておけばよかったものの、入院をしなければならない一歩手前、それ以上になった場合には足切断の原因となってきます。

 

 

【他の病気による原因】
何も蜂窩織炎だけが原因ではありません。
合併症の危険もあるこの感染症ですが、足の壊死を引き起こすような病気と合併する可能性もあるのです。
そうなったときに考えられる最適な処置をとる必要性があるのです。
これこそが足切断であるという可能性があるわけです。

 

単に足が腫れているだけだなと思って放置していてはいけません。
もしかしたら蜂窩織炎の可能性がありますし、それ以上の病気の可能性だって考えられるわけです。
どの病気に関してもそうですが、早めの診断と早めの治療を心がけるようにしましょう。
それこそが最悪の事態を回避するためのポイントです。

スポンサーリンク